ライフプランの構築から住宅購入までトータルにサポートします。
あなたの街のライフプランアドバイザー 日本リアライズです。

日本リアライズ ブログ

  みなさん、こんにちは!   弊社がスポンサーをしている大橋ボクシングジムの第66回フェニックス・バトルがありましたので、ご報告です。 弊社代表と共に、社員一同応援に行ってきました。     2018年フェニックス・バトルの顔となった清水聡選手がOPBF東洋太平洋フェザー級4度目の王座防衛に臨む試合でもあり、どの試合もとても激しい試合運びとなりました!     全部で6試合あったのですが、まず最続きを見る

みなさんこんにちは!   先日、弊社でアマチュア時代から応援している井上尚弥選手の試合があり、 社員一同応援に行ってきましたので、ご報告です。     10月7日に横浜アリーナにてWBSSの試合が開催され、世界中でライブ放映されていました! みなさん試合はご覧になりましたか?   試合結果のお話をする前にまず、「WBSS」をご存知ですか? WBSS とは World Boxing Super Se続きを見る

みなさん、こんにちは!   弊社でスポンサーを務めている大橋ボクシングジムから 井上拓真選手が待望の世界戦初挑戦ということで、応援に行ってきました!!     実は、井上拓真選手は2016年2月にWBOバンダム級王座への挑戦が決まっていたのですが、 練習中に右拳を骨折してしまい断念せざるを得ない出来事がありました。 今回、そのような苦労を乗り越え、初めての世界戦となりました!   井上拓真選手が出続きを見る

みなさん、こんにちは!   先日、弊社でスポンサーを務めているワタナベボクシングジムから 3選手が試合に出場するということで、社員一同、応援に行ってきました!!     まずはじめはスーパーフライ級 6R ジャッカパン・セーントーン選手(タイ) VS 中山佳祐選手(ワタナベ)     中山選手は2011年7月にデビューして以来、15戦10勝(4KO)3敗2分という成績を残しています。 対して対戦相続きを見る

みなさんこんにちは。   先日、弊社がスポンサーする大橋ボクシングジムの選手が出場する試合の応援に行ってきました!   今回の試合もとても盛り上がりました!!       まず最初の試合は 保田 克也 選手(大橋ジム) VS アンショリ・アンハービトゥレイ 選手。 結果は3R・TKO 保田選手の勝利!! とてもいい試合で、双方が一歩も引かない攻めの姿勢で戦っていました!!     続いて 松本 亮続きを見る

みなさん、こんにちは!   先日、当社がスポンサーをしている大橋ボクシングジムの、後援会の祝賀会がありましたので、 報告させていただきます。   これからさらに大橋ボクシングジムを応援していこうということで、 多くの方々が駆けつけていました!     大橋ボクシングジムに所属している現役選手とそのトレーナーの方たちがステージに登壇。     大橋会長と会長の奥様も壇上に上がられ、日ごろの感謝の込め続きを見る

みなさん、こんにちは! 本日は、デビュー前より日本リアライズで応援させていただいている、 井上尚弥選手の嬉しいニュースです!!   5月25日に井上尚弥選手の3階級制覇をかけた、WBA世界バンタム級王座決定戦が行われました。     井上尚弥選手はWBC世界ライトフライ級、WBO世界スーパーフライ級をすでに獲得しています。 そのため、3階級制覇がかかっているこの試合にとても注目が集まっていました。続きを見る

みなさん、こんにちは! 12月30日、もはや年末恒例の井上尚弥選手のボクシング世界戦が横浜でありました!!   ご実家などで見てらっしゃった方も多いと思われます。年末ですし!   井上尚弥選手は、日本リアライズがデビュー前から応援させていただいている選手ですので、当然社をあげての応援に行ってまいりました。   井上尚弥選手は時折、日本リアライズのオフィスにもフラッと遊びに来てくださるほど弊社の代表続きを見る

みなさんこんにちは! 先日「井上尚弥 V6 in USA、井上拓真復帰戦勝利 祝勝会」にご招待いただきました!! 会場では先日のUSAでの尚弥選手の試合がスクリーンに映し出され、あの日の感動が再び蘇りました。 いや~すごい盛り上がり方。 見に行きたかったですねー!! 尚弥・拓真選手には花束が贈呈され、改めて二人の勝利を会場の全員でお祝い。 その後、大橋会長をはじめとして、八重樫選手や井上浩樹選手な続きを見る

先日、新極真会が主催する全日本空手道選手権大会を東京体育館に応援へ行ってきました!! 注目はなんと言っても、通算7回目の対決となる入来建武選手と島本雄二選手の体重無差別での決勝戦! 両者ともに突きと下段回し蹴りの応酬で、本戦の判定は0-0となり、延長戦へ突入。 延長戦になると、急に島本選手のペースに。島本選手の左上段回し蹴りが入来選手に決まり、入来選手が場外へ出たところで技あり。 その後も島本選手続きを見る